イオンのラウンジを利用する方法を調べてみた

我が家から徒歩10分圏内に、田舎の味方のイオンがある。

昨日の夕飯で、母親がイオンのラウンジに行ってきたという話。

イオンゴールドカードを持っているお友達に、

ラウンジに連れて行ってもらった私の母親。

同伴で4名まで一緒に利用できるとのこと。

小さい子供がいる妻も持っていたら便利だねと、興奮気味に話していた。

スポンサーリンク



イオンゴールドカードを所有できる条件とは

直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。(※)

直近年間カードショッピング額は、毎月10日を基準日としてさかのぼった12ヶ月の合計ご利用金額を集計いたします。
対象のお客さまには翌月中旬頃にご案内をお送りいたします。

暮らしのマネーサイト

当分大きな買い物をする予定もなく、質素倹約に努めている我が家では達成できそうにない。

イオンラウンジを利用できるカード

他にラウンジを使える方法がないか調べてみると、次の6種類のカードを持っていればいいということだった。

 ①イオンオーナーズカード
イオン(東証1部 8267)の株式を100株以上保有 ②イオンゴールドカードセレクト
イオン銀行の定期預金残高100万円以上など ③イオンゴールドカード
イオンカード会員で年間のカード利用金額が100万円以上など

 ④イオンラウンジ会員証
イオンカード会員でイオン各店の直営売り場で年間40万円以上のカード利用

 ⑤イオン北海道株主さまカード
イオン北海道(東証1部 7512)の株式を500株以上保有

 ⑥イオン九州お客さま株主カード
イオン九州(東証1部 2653)の株式を100株以上保有

①イオンオーナーズカードはイオン(株)(8267)の株主優待。

9/5の終値は1,603円なので16万程度で優待ゲットできそう。

②イオンゴールドカードセレクトは定期預金で100万円。

全力で投資をしている身としては定期預金は資産凍結に近いものがあるので除外。

③イオンゴールドカードは先に書いたとおり、100万円も使う予定がないので除外。

④イオンラウンジ会員証の年間40万円は達成できそうだが、

日々買い物しているスーパーを変更してくれと妻にお願いしても却下されるのがオチなので除外。

⑤イオン北海道(株)(7512)の株主優待。

9/5の終値は620円だが、500株保有しないといけないので30万以上かかりそう。

⑥イオン九州(株)(2653)の株主優待。

9/5の終値は1,767円なので17万円程度で優待ゲットできそう。

まとめ

ということで、候補となりえるのは①、⑤、⑥と、投資家らしくすべて株主になる方法だ。

その中で一番安く買えるイオンの株主優待を狙うのが

我が家ではベストな選択になりそうだ。

ただ、イオンの権利確定日は2月末と8月末。

あと2週間早ければ、と悔やまれる。

せめて半年の間に株価が下がるところを狙い続けることにする。

では。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク