児童手当をジュニアNISAで積み立てて子供の教育費を準備しよう

この記事では、児童手当の使い道についてまとめました。

私はジュニアNISAでつみたてをしています。

子供が生まれたら中学校卒業まで支給される児童手当ですが、ただ貯金していくだけではわずかな利息しかつかなくてもったいないですよね。

我が家では児童手当の一部を投資に回して、かんちゃんの教育資金の準備をしています。



児童手当とは

児童手当とは、家庭等における生活の安定と児童の健全育成を目的とした給付です。

児童手当は、子ども・子育て支援の適切な実施を図るため、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、時代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に支給されます。

内閣府より

私は市役所に出生届を提出しに行った時、窓口で児童手当の申請もするようにと言われました。

(親切にありがとうございます。)

「月に15,000円です。」としか聞いていなかったので、私はてっきり毎月15,000円の入金があるものだと思っていました。

しかし実際は4か月分まとめて60,000円入金されました。

詳しく説明を聞かなかったので、3か月間入金がなく、そろそろ市役所に問い合わせて聞いてみようかと思っていたところでした。

児童手当の支給額

児童手当の支給額は以下のとおりになります。

支給対象年齢 支給月(月)
0歳~3歳未満 15,000円
3歳~小学校終了前 10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円
所得制限世帯(約960万円以上) 5,000円

所得制限世帯でなければ、1人目の子供の児童手当をおおまかに計算すると、

0歳~3歳未満で54万円、3歳~小学校終了前で120万円、中学生で36万円で、

合計210万円がもらえます。

※子供の生まれた月によって合計も若干変わってきます。

我が家の教育費はジュニアNISAで積立

まずは娘のかんちゃんが生まれた時に親戚や友人に頂いた出産祝いの中から、

洋服、スタイ、チャイルシートやベビーカー等必要なものを購入した分を差し引いた金額で

預金通帳を作りました。

4ヶ月毎に私の口座に入金される児童手当を、今回作ったかんちゃんの通帳へ移しています。

そしてかんちゃんの通帳から、SBI証券のかんちゃん名義の口座で毎月積み立てで投資信託を購入しています。

銀行引き落としサービスを使っているので、一度設定をしてしまえば、それ以降手間はかかりません。

通帳は地方銀行なので、SBI証券への振込は手数料がかかってしまいますが、

銀行引き落としサービスでは手数料がかからずにSBI証券の口座に資金を移動できます。

積立している投資信託はひふみプラスとニッセイ外国株式インデックスファンド

現在ジュニアNISA口座でひふみプラスとニッセイ外国株式インデックスファンドを購入しています。

どちらも毎月5,000円ずつ積立し、合計10,000円です。

今は児童手当が15,000円支給されているので、そのうち10,000円を積立し、残りの5,000円は通帳にプールしています。

季節が変わるごとに新しい洋服を買ったり、色々必要なものを準備するために残しています。

今のところは自分の財布から出すだけで間に合っていますが、ジュニアNISAは18歳まではお金を引き出すことができないので、全てジュニアNISA口座に入れてしまうと突然の出費に対応できなくなってしまいます。

そうならないためにも通帳に現金を残して余力を持たせています。

まだかんちゃんが妻のお腹の中にいた頃、ひふみプラスを運営している

レオス・キャピタルワークス株式会社のセミナーに妻と一緒に参加したことがありました。

この時にとても印象が良かったので、「子供の資産形成はひふみで」と考えていました。

アクティブファンドですが、手数料も安く、運用成績もいいです。

ニッセイ外国株式インデックスファンドは手数料も安く、安定した運用成績です。

ひふみプラスが日本株なので、外国株にしたいと思い、このファンドにしました。

つみたてNISAでもひふみプラスを始めました。

教育資金をジュニアNISAで準備する理由

学資保険は使わない

学資保険で子供の教育費を準備することも考えたのですが、

私は保険があまり好きではないので、ジュニアNISAで積立することにしました。

私の万が一の場合の保障になるとも考えられるのですが、あと17年以内でアーリーリタイアするつもりでいるので、それまでは生きていると思っていますし、妻にも少しずつ投資の仕方を伝授しているので大丈夫だと思います。

何より学資保険の利率が低すぎます。

お金に興味をもってもらう

私は、投資をすることで子供がお金について興味を持ってもらいたいと思っています。

自分の経験から、普通に大きくなって大学生や社会人になった途端に自分の資産を運用するようなことはないと思っているので、

小さいうちからお金や投資について接点を持ち、なんなら口座内の資金で自分で運用してほしいとさえ思っています。

多少の損を出してもそれもいい経験になります。

いきなり車の運転ができる人なんていません。

教習所で教えてもらいながら少しずつ上達していくように、子供の頃から練習しておけば確実に投資のスキルは上がっていくはずです。

毎年誕生日に現物の金を買うことにしたのも興味を持ってもらうためです。

18歳まで引き出せないことはメリット

教育資金の準備を現行のNISAではなく、ジュニアNISAにしたのは、

18歳までお金を引き出せない点が大事だと思ったからです。

積立投資で教育資金の準備をすることで一番大事なのは長く続けることです。

ジュニアNISAの一番のメリットは非課税であること以上に、18歳まで引き出せないことだと私は思っています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする