月2万円の投資を20年続けて546万円の配当収入を得る方法

スポンサーリンク



月2万円を3%の配当で運用した場合

40代でアーリーリタイアを実現するためには、

年間3%の配当しか得られない株式投資や投資信託、ETFでは難しいです。

大学を卒業してから毎月2万円を投資し続けると次のようになります。

年齢(才) 拠出金(円) 年間配当額(円) 合計金額(円)
1年目 23 240,000 7,200 247,200
2年目 24 487,200 14,616 501,816
3年目 25 741,816 22,254 764,070
4年目 26 1,004,070 30,122 1,034,193
5年目 27 1,274,193 38,226 1,312,418
6年目 28 1,552,418 46,573 1,598,991
7年目 29 1,838,991 55,170 1,894,161
8年目 30 2,134,161 64,025 2,198,185
9年目 31 2,438,185 73,146 2,511,331
10年目 32 2,751,331 82,540 2,833,871
11年目 33 3,073,871 92,216 3,166,087
12年目 34 3,406,087 102,183 3,508,270
13年目 35 3,748,270 112,448 3,860,718
14年目 36 4,100,718 123,022 4,223,739
15年目 37 4,463,739 133,912 4,597,652
16年目 38 4,837,652 145,130 4,982,781
17年目 39 5,222,781 156,683 5,379,464
18年目 40 5,619,464 168,584 5,788,048
19年目 41 6,028,048 180,841 6,208,890
20年目 42 6,448,890 193,467 6,642,357

簡易的な計算になりますが、毎年24万円を年3%で複利運用した場合、

配当収入は年間約20万円となり、これでは1か月程度の生活費にしかなりません。

FTSEで毎月2万円積み立てた場合

そこで、くりっく株365(株価指数CFD取引)でFTSEに投資をします。

FTSEの1枚あたりの配当金が年間30,220円となり、

拠出金20万円につき1枚ずつ購入し続けていくと次のようになります。

年齢(才) 拠出金(円) 枚数 年間配当額(円) 合計金額(円)
1年目 23   240,000 1          30,220       270,220
2年目 24      510,220 2          60,440       570,660
3年目 25      810,660 4        120,880       931,540
4年目 26   1,171,540 5        151,100    1,322,640
5年目 27   1,562,640 7        211,540    1,774,180
6年目 28   2,014,180 10        302,200    2,316,380
7年目 29   2,556,380 12        362,640    2,919,020
8年目 30   3,159,020 15        453,300    3,612,320
9年目 31   3,852,320 19        574,180    4,426,500
10年目 32   4,666,500 23        695,060    5,361,560
11年目 33   5,601,560 28        846,160    6,447,720
12年目 34   6,687,720 33        997,260    7,684,980
13年目 35   7,924,980 39      1,178,580    9,103,560
14年目 36   9,343,560 46      1,390,120  10,733,680
15年目 37  10,973,680 54      1,631,880   12,605,560
16年目 38  12,845,560 64      1,934,080   14,779,640
17年目 39  15,019,640 75      2,266,500   17,286,140
18年目 40  17,526,140 87      2,629,140   20,155,280
19年目 41  20,395,280 101      3,052,220   23,447,500
20年目 42  23,687,500 118      3,565,960   27,253,460

20年で、年間配当額が356万円となります。

現在の年収にだいぶ近づいてきました。

※この計算はFTSEの配当のみで、値上がり益を考慮していません。

FTSEで値上がり益も含めた場合

FTSEはグローバル企業で構成されているため、

世界の経済成長率3%以上を参考にして

FTSEも3%ずつ上昇していくと仮定すると次のようになります。

年齢(才) 拠出金(円) 枚数 年間配当額(円) 合計金額(円)
1年目 23 240,000 1 30,220 270,220
2年目 24 518,327 2 60,440 578,767
3年目 25 836,130 4 120,880 957,010
4年目 26 1,225,720 6 181,320 1,407,040
5年目 27 1,689,251 8 241,760 1,931,011
6年目 28 2,228,941 11 332,420 2,561,361
7年目 29 2,878,202 14 423,080 3,301,282
8年目 30 3,640,321 18 543,960 4,184,281
9年目 31 4,549,809 22 664,840 5,214,649
10年目 32 5,611,089 28 846,160 6,457,249
11年目 33 6,890,966 34 1,027,480 7,918,446
12年目 34 8,395,999 41 1,239,020 9,635,019
13年目 35 10,164,070 50 1,511,000 11,675,070
14年目 36 12,265,322 61 1,843,420 14,108,742
15年目 37 14,772,004 73 2,206,060 16,978,064
16年目 38 17,727,406 88 2,659,360 20,386,766
17年目 39 21,238,369 106 3,203,320 24,441,689
18年目 40 25,414,940 127 3,837,940 29,252,880
19年目 41 30,370,466 151 4,563,220 34,933,686
20年目 42 36,221,697 181 5,469,820 41,691,517

20年で年間配当額は546万円になり、

アーリーリタイアをするのに十分な不労所得の完成となります。

毎年必ず3%ずつ値上がりしていく保障はありませんが、

それでも500万円に近い配当を得られるようになる確率は高いです。

20年の間には積立のペースを少し落としたりすることもあるでしょうが、

私のように給料の低い人は、

株や投資信託を買い続けるよりはずっと早くリタイアを達成することができるはずです。

参考記事 くりっく株365の特徴とメリット

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク