障がい者福祉施設の事務員向けの研修に参加してきました

私の本業は障がい者を支援する福祉施設の事務員です。

いつもはリタイアやお金についての記事を書いていますが、

たまには本業の福祉施設についての記事を書いてみました。

先日、福祉施設の事務員を対象とした研修に参加してきました。

施設の利用者さんを支援する職員(直接処遇職員といいます)向けの研修は毎年たくさん開かれているのですが、

私のような事務員向けの研修というのはとても珍しいのです。

そこで他の受講者の方と話をして、改めて気付いた点をまとめてみました。

スポンサーリンク



福祉施設の事務員の仕事

施設によって事務員が行う仕事の範囲はそれぞれ異なりますが、

大まかに次のような仕事をしています。

国民健康保険団体連合会への請求

施設の利用者さんへサービスの提供を行った翌月に、

利用料(介護給付費や訓練等給付費)を国保連に請求します。

この利用料が施設の運営費になります。

職員の給与・賞与処理

施設の職員の給与を計算し、支払います。

また、年末調整や住民税の特別徴収、マイナンバーなど、関連する業務を行います。

職員の入退社・社会保険の手続き

介護・福祉業界は離職率が高めですが、

私の勤めている施設は規模が小さいので、それほど頻繁に入退社があるわけではありません。

それでも、辞める人が出た時は毎月の業務+αが大きいので業務の負担になります。

離職者がたまにしか出ないので、ミスが出ないように慎重に処理をしなければならず、

時間がかかってしまいます。

経理・会計処理

一般企業の会計とは異なり、社会福祉法人は社会福祉会計基準で会計処理しなければいけません。

私は今の職場に入社するまで会計の仕事はしたことがなく、簿記の知識もなかったので、

慣れるまではだいぶ苦労しました。

県や市への各種届出

県の認可を受けて運営する施設になっていますので、6年毎に更新の手続きが必要になります。

また、県の健康福祉課や市の障がい福祉課へ、その都度必要な書類を届ける業務があります。

事務以外の仕事

あまり大きな声では言えませんが、

支援員の人手が足りなくなった場合、利用者を放置しておくわけにはいかないので、

事務員でも障がい者を見ておかなければいけない状況になる時があります。

福祉施設は閉鎖的

福祉施設はとても閉鎖的です。

法人内で複数の施設を運営しているなどのつながりがなければ、

他の施設との交流はほとんどありません。

県内の施設が集まって行う会議やイベントが年に何回かあり、

施設長や担当者が出席して顔見知りになることはありますが、

事務員が出席するような会議はまずありません。

隣の施設の職員さんの顔も知らないですし、

話をする機会なども皆無です。

出席していた皆さん初対面でした。

今回顔を合わせて話をしたので、

今後は相談したり、わからないことを聞いたりすることができるようになりました。

事務量が年々増える割に手当が増えない

法律が改正されたり、県や市の監査が入る度に事務量が増えていきます。

(近年であればマイナンバーなど)

一気に仕事が増えれば人員を増やすこともあると思うのですが、

年々、少しずつ増えると、同じ人員が「頑張る」だけで終わります。

直接処遇職員は処遇改善加算という手当がつくのですが、

仕事が増える割に、事務員に対する手当はありません。

この点は同席した受講者皆さん不満に思っていました。

福祉施設の事務員の仕事を支援員に理解してほしい

支援員の方のほんの一部だと思いますが、自分の仕事に集中していて

事務員の仕事を理解していないことがあります。

事務員が施設の運営費を請求し、

職員の給料の支払いをし、

運営に必要な書類を作成したりと、

縁の下の力持ち的な業務をしています。

事務員が支援員に書類の作成や提出を求める時は、

必要だから求めているのです。

適当に作成・記入をされてしまうと事務員の手間は何倍にも膨れ上がります。

支援員の仕事が事務員の仕事にどう繋がっているのか理解してもらえれば、

事務員も支援員も仕事がしやすくなるのでは、と思っている事務員さんが多かったです。

まとめ

普段事務員で集まる機会がないので、近隣の施設の事務員さんとは全員初対面でした。

私が勤めている施設で事務員は一人だけなので、

同じような悩みや不満を持った人と話が出来ただけでも、とても有意義な時間でした。

また、いつもは自分一人で仕事を自己流でしているので、

他の施設での仕事の進め方を聞くことができて参考にできました。

また機会があれば参加したい研修でした。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク