ブログは転職・退職にも役に立つ

月に数回しか更新していないこのブログですが、ここ1年以上アウトプットを続けていたおかげで今回の転職に非常に役に立ちました。

具体的に挙げると次の場面です。

  • 職務経歴書の作成
  • 転職時の面接
  • 退職時の引き継ぎ書類・マニュアルの作成

今回はブログ運営が転職・退職時に役立ったことをまとめてみました。

 



職務経歴書の作成

応募企業へ送った職務経歴書が非常に好印象で、今回採用になった決め手とも言えるほどです。

私のブログはほとんどが好き勝手に書いているものばかりですが、中には読者を意識して役に立つ記事も若干ですが書いています。

職務経歴書も採用担当者が読むことを意識して、アピールポイントと一見するとマイナスに見えるようなことも正直に記載しました。

ブログではメリットだけでなくデメリットも書いている記事の方が、正直に包み隠さず情報を伝えている印象を与えることができます。

ただ職務経歴書であまりに大きなマイナスポイントを書いてしまうと書類選考で弾かれてしまうので注意が必要です。

私の場合は、「事務を1人でこなしているため引き継ぎに時間がかかるので、採用まで1〜2ヶ月時間が欲しい」と書きました。

応募企業にしてみればすぐに来てくれる人材の方がいいはずですが、こう書いたことで仕事を最後まで全うする人、スケジュールをきちんと立てられる人、正直になんでも話してくれる人といった印象を与えることができます。

 

転職時の面接

私はコミュ障とまではいきませんが、コミュニケーション能力は高くはないと自分で思っています。

当然面接は苦手意識を持っていますが、人生のかかった面接となればそうも言っていられません。

職務経歴書を書く時にあらかじめアピールポイントを整理していたことで面接でもうまく伝えることができました。

 

退職時の引き継ぎ書類・マニュアル作成

無事に転職が決まり、現在の職場を12月16日付で退職することになりました。

そこで引き継ぎ書類やマニュアルを作成したのですが、ここでもブログを書いた経験が役に立ちました。

読む人が分かりやすい文章を書かなければいけないのはブログでもマニュアルでも一緒ですよね。

マニュアルに限らず、見やすい資料を作るのにブログのスキルは共通している部分が多いです。

 

まとめ

今回はブログ運営が転職・退職時に役立ったことをまとめてみました。

副業が本業のステップアップに繋がったので本当にブログをやっていて良かったと思います。

ブログ以外でも、本業に役立つことって色んな場面であると思いますので、今は副業はやっておいて損はないですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする